パチンコはギャンブルではない

パチンコやスロットは”ギャンブル”ではありません。

正確に言うと、”法律上”ギャンブルの枠にハマっていないのです。

賭博は法律違反

日本国内での賭博行為は法律で禁止されています。

・第185条(賭博)

・第186条(常習賭博、賭博場開張)

等でそれぞれ罰金や懲役刑などが定められています。

 

ではなぜパチンコ店は大丈夫なのか。 それは先にも書きましたが、パチンコ店はギャンブルではなく言うなれば”景品交換所”という考え方近いからです。

 

皆さんが出玉やスロットのメダルを手に入れた時、数え終わった後にレシートを貰いますよね? そしてそのレシートを受け付けに持っていくと現金が出てきますか? 答えはNO その段階でお金は絶対出てきません。

 

もし受付時レシートと交換で現金が出てきてしまうと刑法第185条に引っかかってしまうのです。 なのでレシート交換時、何か貰いませんでしたか? お店によって様々ですが、純金の小さいプレートの入ったカードであったりプラスチックの板見たいなものだったり様々です。

 

そうです。あなたはその”景品”を手にれる為にパチンコパチスロを行っているのです。

 

もちろん景品を持ってそのまま帰る人はいません。その景品自体にほとんど価値はありませんし、交換期限が大体当日です。   なので『景品交換所』で交換をします。そして『景品交換所』はあなたの持っている”景品”をお金で買い取ってくれるのです。

景品交換所はパチンコ店の一部ではない

景品交換所は必ず外に出た場所、もしくはドアを出た場所にありませんか? そうです。景品交換所とパチンコ店は全く別のお店です。併設されていたとしても全く別物なのです。  

 

①パチンコであなたは出玉を出す。

②出玉の数をレシートで確認

③出玉数に応じて受付は”景品”をあなたに渡す。(景品の交換は強制ではなく自由)

④景品交換所がその景品を買い取る。交換所は古物商の免許を持っており、古物商の内容として現金買取

⑤あなたの元にお金が手に入る。

 

  これが一連のパチンコ店の流れです。確かに法律上はセーフです。 あなたがお金を手に入れる為にはこのような流れがあったのです。

スポンサードリンク