パチンコはそもそも前提が不利

パチンコ屋さんに行って、トータルで勝てる確立というのは非常に低いです。

 

これはFXにも通じる“稼ぐ”為の最低条件を満たすことが難しいからです。

 

 

それは、「勝つために何をするか」ではなく「負けない為には何をするか」という考え方です。

スポンサードリンク

 

 

ましてや、等価交換が禁止された以上、玉orメダルを借りた時点でマイナス、出玉を換金しても手数料分が引かれては、スタートの時点で割に合っていないのです。

 

なぜ、「勝つ為の何か」が出来ないのか? まず、勝つ為の行動とは。 それは、負けるリスクを最小限に抑える事。すなわち感情を抜きにして勝てる台を打つこと。 しかしそれはハッキリ言って不可能に近いです。

 

ましては趣味程度に考えていれば尚更です。 一応、勝てそうな(根拠はない)台を選び、見つかって座っても、出なかった時は、「出るはずなんだけど」「もう少しで出るだろう」と自分に都合のよい言い訳をしてお金をつぎ込んでしまう人が多いのではないでしょうか。

 

また、好みの台が見つからなかった時は「とりあえず打つか。」「空くまで違う台打とう」という思考のもとにお金をつぎ込んでしまうでしょう。

 

もはやその時点で戦略性はありません。 パチンコ屋さんに行って、打たずに帰るというのは至難の業。 確実に勝てる台なんてあるはずないのは、ご存知のハズ。 ボーナスが確定している状態で放置してある台は、もしかしたらかなりの素人さんの座った後ならあり得るかもしれませんが、奇跡に近いような可能性を探して過ごすぐらいならアルバイトでもした方がよほどお金になります。

 

お金を楽して稼ぐ!というのは同時に大きなリスクがあることを理解しなければいけません。 パチンコで稼ぐという事も同じで、自分にとことん厳しく、己の感情をコントロールするというかなりハードな行動をとらなければ勝つことは非常に難しくなるのです。 脱パチンコパチスロの為に。

 

それらの考え方を当てはめると、 パチンコ屋さんに行く=お金を失うリスクがある=負けるリスクがある。 パチンコ屋さんに行かない=お金を失うリスクが減る=負けるリスクが無くなる。

 

つまりパチンコ店に行かない事は、パチンコで負けない=パチンコに勝つ事 になります。

 

「勝ってから辞めよう」とか「負けたままでは辞められない」とお考えの方がいたら、「パチンコ屋さんに行かない事が勝利」「お金を失わない事が勝利」と一度考えてみてください。

スポンサードリンク