プロセスに対してマイナスイメージが無いとやめることはできない

パチンコチスロはいわば”釣り”のようなもの。 

 

お金=魚 です。 釣る工程は楽しいですが、釣り終わってしまえばバケツの中の魚をその後も愛でる人はほとんどいません。  

 

同じように「お金」そのものに対して脳内麻薬(興奮物質)であるドーパミンを出す人はあまり多くありません。

 

確かにお金を見た時に「安心」だったり「欲」は湧いてきますが、依存性のある興奮物質は湧いてこないのです。

 

では、どんな時に?それは 『過程』つまり『プロセス』です。

スポンサードリンク

 

 

どのような工程でお金を得たか。そして得ていると感じる瞬間に依存性のある脳内物質ドーパミンは産まれるのです。

 

それが社会に役立つ仕事などであればそれは素晴らしいことでしょう。 社会貢献もでき、自分の収入も増えます。  

 

覚えはないでしょうか?大勝ちしてお金を得た後、家に帰って財布の中身を確認。

 

「何買おう」「何食べよう」など考えますが、その瞬間はさほど興奮状態ではない。ということ。どちらかと「安心」に近い感情。

 

しかし、パチンコを打っている今まさに出るか出ないかの瀬戸際。そこから解放されて連チャンを重ねている瞬間。 その瞬間の方がよほど興奮しているということ。

 

このことから、あなたは「お金」そのものよりも「過程」「工程」「プロセス」に対して依存してるということが分かります。  

 

パチンコパチスロに対して依存してしまっている人はこのプロセスに対して良いイメージが強いのです。

 

 

例え現実があなたに対して良い影響を及ぼしていないとしても、「楽しみたい」という感情を強く働かせてしまい実際の事実は自分の中で良いように捻じ曲げます。

 

簡単に借金してしまう人がその典型です。  

 

解決策は一つ。このプロセスに関して「マイナス」「ネガティブ」なイメージを持つようにすればいいのです。

 

 

パチンコパチスロに対して依存していない人は、当然のことながらプロセスに対して良いイメージどころか、そもそも何も感じていません。なので依存するはずがないのです。

 

 

 ではどうすればネガティブイメージを持ちことが出来るのか。

 

それは自身が推奨するNLP(神経言語プログラミング)の一種を用いた心理法が本当にオススメです。  

脳の特性を利用してやめる

 

これ以上お金もかかりませんしね。 ぜひ一から読んで見てください。

スポンサードリンク