今はパチンコパチスロを辞められるチャンス

実は今はパチンコをやめるには絶好のタイミングなのです。パチンコやスロット台の依存度が新台ほど少なくなっているので、パチンコスロットをやめたいのであれば今は非常にチャンスなのです。

スポンサードリンク

法律が常に変わっている

ギャンブルに関する法改正は日々頻繁にされています。

 

のめり込み過ぎを防ぐ為であったり、出玉が割に合わなくなりすぎるのを防ぐためなのでしょうか?

 

本質の部分は一般人には分りかねます。 しかし、約10年ほど前に比べるとパチンコパチスロ共に非常に辞めるには良いタイミングではないかと思います。

 

 

なぜか。理由は一つ 昔ほど大勝ちできなくなっているからです。 (大勝しなくなる=依存度が少ない)

 

 

法改正に伴い、一日のうちに「とんでもなく大勝ちする」「とんでもなく大負けする」というのが非常に少なくなりました。 『完全確立』の導入です。  

 

パチンコでは釘に左右されるので、投資金額に対する収支に波はありますが、スロットに関しては設定における完全確立が導入されています。

 

その結果何が起こるのか。出玉の波が平坦になり、面白い(依存が強くなる)と感じにくくなるのです。  

 

以前のパチンコパチスロ台は確立を無視したような大量の出玉があったりその逆があったりと、刺激性がとても高かったのですが、完全確立導入後、どんなにパチンコ台スロット台にお金をつぎ込もうと長い目で目見て必ずその設定の確立道理に出玉が出ます。

 

もちろん波はありますが、以前程の大波はないのです。 10年前より以前からパチンコパチスロをされていた方はおそらく感じている人も多いかと思います。

 

しかしそれでも習慣や惰性でパチンコパチスロに行ってしまう。 勿論心から楽しいと感じている方にとってはこの考えや、当サイトは無用の物でしょうが、心から辞めたい、依存から脱出したい!という方にとってはむしろチャンスと考えられるのではないでしょうか。

今後もさらに法律で制限される

これはほぼ間違いないでしょう。

 

何故か。それは国を挙げて『カジノの合法化』に取り組んでいるからです。

日本の国債の状況をみても可決されるのは時間の問題ではないかと思います。

 

カジノは国が運営する公的ギャンブルなので、収入の一部がそのまま国の利益になります。

 

なので日本としてはできるだけ活性化させたいところ。

 

そしてその活性化の為には現在存在する『ギャンブルのようなもの』が邪魔なのです。

 

ターゲットになる人が分散されてしまいますからね。

 

なので今も尚、国からパチンコの台に関する制限や決まり事はどんどん厳しく重くなっています。

 

 

台の制限がかかればかかるほど、遊ぶ人達が面白いと感じにくくなってきます。

 

 

それを踏まえても今はパチンコスロットから手を引くチャンスと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク