「今楽しい」は後が楽しくない

依存状態。つまり極度のワクワク状態にある場合、時々「今さえよければもうどうでもいい」という感情が襲ってくる時があります。

 

この瞬間は本当に気持ちのいいものです。 ワクワクの感情のままに、「後でどうにでもなるだろ」と考え行動するのですから。  

 

もしこれが普通の趣味であれば問題ないでしょう。 特に誰に迷惑がかかる訳でもないですし、趣味を持つことはストレス発散にも良いことだと思います。  

スポンサードリンク

お金が絡み過ぎるとそうもいかない

例えばゲームや映画。これらにもワクワクは起きます。  

 

最近のソーシャルネットワークゲームは例外として、普通ゲームであれば一個買ってしまえばそれ以上お金がかかることはありません。 映画も同様。映画館で見るにも、レンタルで借りるにもワクワクのままに行動したとしても必要以上にお金がかかることはほとんどありませんし、おこずかいの範囲であれば全く問題ないかと思います。  

 

 

アウトドアの趣味なども同様でしょう。 容易にお金がかかるとはいえあるていどの金額の計算はできますし、予定の何倍もの金額が必要になるとういことはありません。 しかしギャンブルは違います。

 

このワクワクがそれらの趣味とは違い非常に強いので歯止めが効かなくなるのです。

 

 

  よくあるパターンが 「はじめに予定していた金額よりもお金を使ってしまった」 「でも、もしかしたらこれから増えるかもしれない」 「いいや、もう少し使おう」 以下ループ  

 

このパターンです。気がついたら、というか最初から気がついてはいるのですが感情に歯止めがかからず結局何倍も使い、さらには借金までしてしまっていたりと。  

 

 

快楽に身をゆだねるのは本当に簡単

快楽のままに生きるのは非常に簡単。 後先考えなければいいのです。

これだけで快楽に身をゆだねることは誰にでも出来るのです。

 

 しかし、必ず後先考えなかった「現実」が後で襲ってきます。 ゲームのリセットの様になかったことにはできません。逃げることは出来ないのです。   その状態になる前に、依存状態から少しでも解放されて置くことがあなた自身の為にもなるのです。

スポンサードリンク