辞める時は必ず「一人で」

このページでは、友人と一緒にパチンコ、スロットをやめること効果があるのか、それとも逆効果なのかを紹介させていただきます。

様々な考えがあるでしょうが、自身は『一人でやめる』ことをおススメします。

スポンサードリンク

「一緒にパチンコやめよう!」

ありませんか?友人と「一緒にパチンコやめよう」という話題になること。

 

 

パチンコパチスロは共通の話題で話すと盛り上がったりします。

 

・昨日はいくら勝った

・こんな機種が出た

・以前にこんな金額を手にした  等々  

 

自身も経験があるので分かるのですが、自分のことを照らし合わせながら話せるので結構盛り上がります。

なのでパチンコが共通の話題の友達ができやすいのです。

 

苦楽を共にした分かりあえる関係のような。   そんな中お互いに勝てない日が続き、「そろそろ辞めようかな」なんて考えている頃に友人に 「そろそろパチンコ辞めない?」もしくは逆に誘われることもあったりします。  

 

確かに同じ目標に向かって努力することは素晴らしいと思います。 しかしこの「パチンコをやめる」という行為に関しては逆に成功の可能性を下げることになるのでおススメはできません。  

 

依存状態の場合、その状態に戻ろうとする力が強く働く

つまりは「パチンコをやっていた自分」です。

 

「依存」にはこの特性があるので中々みなさん辞めることができないのです。   そしてお互いに辞めようと誓った間柄でも、どちらか片方が失敗してしまうと「まぁいいか」と自分も結局元に戻ってしまうことがほとんどなのです。

 

 

  その友人と話す話題は当然今まで通りパチンコの話題が多いので、話を聞いているうちに決心が揺らぐ。というような状態です。 そして気がつけば結局お互いに行っている…これではいつまでも成功しないのです。  

最終的には自分のこと

パチンコパチスロは「あなたの考えで」「あなたのお金で」「あなたの時間を使って」行くものです。  

人のせいにすることもできませんし、すべて最終的に決断をしたあなたの責任です。

 

なのでケジメをつけるのもあなた一人で行わなければいつまでも何かに言い訳し続けるという状態が続いてしまうのです。

 

  「辞めるぞ」 と決めて行動に移そうと思ったら必ずあなた一人で行動してください。  

 

もし友人も辞めさせたい。と考えるのであればあなたが実際に辞めた姿を見せることこそその友人が辞めるきっかけになるのです。

 

 

その安定した生活、自由な時間を見せてあげて「いいな」と感じさせてあげればいいのです。

スポンサードリンク