1円パチンコは本当に出費が減るのか

このページでは、イチパチと呼ばれる一円パチンコ5スロと呼ばれる五円スロットは果たして消費する金額が減るのかどうかについて紹介させていただきます。

パチンコ店の利益率と照らし合わせ確認していきます。

スポンサードリンク

増えて来た1パチ

最近では非常に多くなってきた、小出資パチンコ店。「1パチ」なんて呼ばれ方もしています。

スロットでは「5スロ」という呼ばれ方もしています。

 

通常のパチンコは等価交換で1玉4円 つまりあの銀の玉一個に4円の価値があり、スロットでは等価で一枚20円の価値があります。

 

 

パチンコ店の中には平気で落ちていたりするので、それを冷静に考えると凄いこととですね。

 

「等価ではあまりにお金が掛かり過ぎる」と言うことでそれぞれを4分の1の値段にした1パチ、5スロが登場したのです。  

 

少ない金額で長く遊べる。と言うことで非常に人気が高くなり、今まではお店の一部分に設置されていたものが最近では専門店まで登場するほどになっています。

パチンコ店は儲かっている

  この1円パチンコ店が増えて来たには当然理由があります。 それはパチンコ店の売上が非常に上がって来ているということです。  

 

今までのパチンコやスロットは、勝った時の金額は大きいが負けてしまった時の金額も非常に大きいものになってしまっていたのですが、4分の1であれば非常に負担は少ないです。

 

 

その心理的な面も含めて、行きやすい&滞在しやすい という背景があります。   等価貸し玉のお店では、毎年客数が減少している傾向にあった為パチンコ店にとっては非常に素晴らしいシステムなのです。

 

  そしてもう一つ売り上げが上がっている理由に考えられるのが、景品に交換する人が等価よりも少ない。という理由があるようです。

 

等価に比べて4分の1。と言うことは例え一箱積んでいたとして、それを交換したとしても大した金額にならないのです。   そこで多くの人が考えるのが、「このぐらいならいいか」と打ち切ってしまうのです。

 

今までは生活を賭けているような人が多かったのに比べ、1パチはもっと娯楽の要素を強くしたものだと言えるのではないでしょうか。

 

金銭的な依存度を低下させる意味合いとしては、一旦こちらに移るということも効果的かもしれません。

スポンサードリンク