本番

練習が終われば次は本番です。いつでもどんなときでもスイッシュパターンテクニックが使えるように心の準備をしておきましょう。

繰り返し頭の中でイメージすることで、より精度を高めることが可能になります。

スポンサードリンク

使うタイミング

使うタイミングとしてベストなのは、「パチンコスロットに行きたい!」と感じた瞬間です。

 

気持ちがワクワクしてきたり、大当たりをイメージすることで気持ちが高ぶってきたり、パチンコやスロットに対する良いイメージが沸いてきた瞬間に使うようにします。

 

沸いて来た楽しい感情を押しつぶすようにスイッシュパターンテクニックのイメージを強く持ちます。

 

財布の中がすっからかんになるイメージ

帰り際にため息をつきながら帰る自分の姿

 

あなたがイメージしやすい内容で構いません。

 

沸いて来た「行きたい」という感情が強くなりすぎる前に抑制してあげるのがポイントです。

行きたくなる切っ掛けは急に来る

パチンコに行きたくなってしまう衝動が来ることは予測できません。

 

友達との会話

テレビCM

コンビニでパチンコ雑誌を目にした

飲み会最中

会社の先輩が大勝ちした話を聞いた

等々

 

依存状態にある人の、アクセルは踏んだ瞬間に最高速度に達するほど強力です。

放っておけば歯止めが効かなくなります。

 

ブレーキの効果があるうちに手を打つ必要があります。

 

 

自分自身の気持ちはあなたが一番わかるはず。

 

「あ、行きたいな」と思った瞬間が全て『本番』です。

 

スイッシュパターンテクニックで、『パチンコに対する良いイメージ』を変換させましょう。

 

 

気持ちの盛り上がりはアドレナリン等の脳内分泌物によるものです。

 

言い換えれば、脳内で対処が可能なはずなのです。

 

失敗してもやめない

一番効果がないのが、数回挑戦してやめてしまい結局諦める。ということ。

 

これでは本当に意味がありません。

 

 

人間の脳や体の変化は必ず時間がかかります。

 

徐々に変化していくのが前提なので、数回挑戦して失敗してしまったとしても、大切なのは『次の一歩を踏み出すこと』です。

 

この繰り返しであなたの脳内は変化を始めます。

 

イメージした、ダメだった。

 

またイメージした、またダメだった。

 

これでも構いません。

 

とにかく強くイメージすることを繰り返し、『パチンコをやめたい』というあなたの気持ちを諦めないことが大切です。

 

そして実際に自身はこの方法で成功しています。

 

上手くいかないこともありましたが、今では行きたいという感情は全く起こりません。

 

あなたも諦めなければ必ず成功できます。

スポンサードリンク