パチンコパチスロをやめる方法

当サイトは、実際に自身がパチンコ、スロットをやめることができた実体験に基づく方法、依存の解消法法、そして様々な視点で、冷静にパチンコを見直すことができるサイトです。

なぜパチンコ、スロットをやめられないのか

あなたがパチンコにどうしても行きたくて行きたくてしょうがなくなる。
これは完全な「依存状態」です。

 

依存状態に陥っているために自分の意志で辞めることができなくなっているのです。

 

そしてこの「依存状態」から解放される唯一の手段は「冷静になる」ということ。

 

クールダウン落ち着く、色々な呼び方はされますが、パチンコ店に行かないための心のブレーキを作動させるにはとにかく「冷静になる」ことが大切です。  

 

 

  しかし、ただ単に「冷静にならなきゃ」と感情で動いてもほぼ間違いなく失敗します。

 

パチンコ依存状態の人は言い換えると、一瞬で最高速度まで到達する車です。


エンジンが常にかかっていて、アクセルを少し踏んだと思ったらすごい速さで走り出します。

 

例えその状態で「マズイ!」とブレーキを踏んでも効きません。踏んだブレーキを無視して走り続けます。そしてこれが「依存」の力です。

 

依存状態に陥っていない人はスピードの上昇が非常に穏やかです。ブレーキを踏めば簡単に止まれますし、そのまま停止し続けることもできます。

スポンサードリンク

では一体どうすればいいのか。

 

それはスピードの上昇速度を抑えるしかないのです。つまりアクセルを踏んでもスピードを上がりにくくしてあげるのです。

 

このサイトではその”スピードが上がりにくくなる方法を中心に書かせていただいてあります。

 

 

パチンコパチスロに対し、少しでも冷静さを取り戻せるような情報を、そして 実際に自身が行った方法や、パチンコ、スロットに関する生活情報やニュースなどからあなたの熱を冷ます情報をお届けさせていただきます。

人は依存状態にあるときは完全に我を忘れています。

 

 その瞬間はあたかも「自分の行動は間違っていない」と考えやすいのですが、依存状態が完全に終わり冷静になった時、 「一体なぜあんなことを…」と思えるようになるのです。  

 

分かりやすい例が、小学校、中学校、ちょっと昔でも構いません。本当に大好きで惚れていた人はいませんでしたか?もしくは夢中になったアイドルや芸能人でも構いません


他の異性がその人と話そうものなら強く嫉妬してしまったり、感情が他の人に向けるものとは全く異なる状態になったことはないでしょうか。

 

多くの方が一人や二人いるのではないでしょうか。  

 

では質問。 

 

あなたは現在もその同じ人に対して変わらず同じ感情になりますか? 強く嫉妬したり、お金に糸目を付けずに追っかけたり。

 

 

 おそらく、次の好きな人、興味がある人が現れた時点で熱が一気に覚めてしまったのではないでしょうか?

 

アイドルであれば、可愛らしい人が大人になってしまいあなたの感じ方が変わってしまったり等。

 

 

それはあなたが依存していた対象に対して「冷静になった」と言えます。

 

 

当時の行動を振り返ると「一体なんであんなことを」なんて瞬間もあるのではないでしょうか。

 

 

心ではやめたいはずなのに

 

心では「パチンコをやめたい」と考えているのにいざ「やめる」となると「やっぱりちょっと待って…」という感情あじわったことありませんか?

 

その状態では、もしあなたが「本当にパチンコをやめることができる情報」を得たとしても、必ずあなたはその情報を否定してしまうことになります。

 

「やめたい」けど「やめたくない」こんな状態。 一体なぜこんな矛盾が生まれてしまうのでしょうか。


それには理由があります。

 

「やめたい」と感じているあなたは「冷静なあなた」 「やめたくない」と感じさせているあなたは「依存状態に陥っているもう一人のあなた」なのです。

 

多くの方は「パチンコをやめる方法」を否定するでしょう。このサイトに関わらず、他の方法に対してもです。

 

あなたはやめたいはずなのになぜ?

 

それは”依存状態のあなた”が後ろから手を引いて引きとめているのです。

あなたを依存状態から逃さないようにするために。

 

 

大半の人はパチンコ店から出た後は冷静です。 なぜか。

それは「依存に対する欲求」が満たされたからです。

 

禁煙していた人がタバコを吸ったような。ニコチン不足だった状態にニコチンが入った。そんな状態です。

 

「しばらくは吸わなくて(行かなくて)いいや…」 しかし翌日には何事もなかったかのようにまた行きたくなります。

自身も同じ苦しみを味わったからこそわかる

自身も以前までは極度のパチンコパチスロ依存者でした。

 

時間が少しでも空けばパチンコ店に行き打つ。

人と待ち合わせているほんの少しの待ち時間でも、閉店時間がギリギリだったとしても関係なし。

 

『行きたい』という気持ちに任せて通っていました。

 

「やめたい」という気持ちはあったにも関わらず行っていたので、いわゆる”依存状態”でした。

 

平台とよばれる現金機から始まりCR、スロットなど一通り。

 

何年もそのような生活を続け、もちろん一か月計算で収支がプラスになったことなど一度もありません。

 

当然資産はどんどん減り、クレジットカードを使っての借金もしました。

 

 

「この台をもう少し回せばきっと出るはず!」という思いで消費者金融のATMの前まで行ったこともあります。

 

そんな自分ですが、今は完全に依存状態から解放されパチンコ、スロット共に行っていません。

 

 

きっと今現在も依存状態の人たちは「きっと自分はパチンコをやめることはできない」など思っている人も少なからずいるのではないでしょうか?

 

しかし、それは違います。実際に自分は完全に断ち切ることに成功しています。

 

 

やり方や考え方が極端に間違っている場合は上手くいきません。それどころは負のスパイラルに陥ってどんどん深みにハマっていきます。

 

 

このサイトには管理人である自身が実際にパチンコ、スロットをやめることに成功した『考え方』『行動』を書かせていただいてあります。

 

 

「パチンコをやめたいけど、どうしてもやめることができない」という方の力になれる情報もあるかと思います。

 

もちろんすべて無料でお伝えしますので良ければ参考にしてみてください。

 

同じ苦しみを味わったからこそやめたいけど辞めれないという気持ちが分かりますし、協力できる部分が必ずやあるはずです!

 

 

ただし誤解しないで頂きたいのは、決してパチンコ、パチスロそのものを否定しているわけではないということです。

 

パチンコパチスロはストレス解消や気分転換には効果的な娯楽だと思いますし、自身も昔は楽しませて頂きました。それに本当に好きで楽しんでいる方もいますし、Youtubeなどをみてもまだまだ人気のコンテンツだなと感じます。

 

大好きで通う人を否定するつもりは全くありません。他の方に迷惑をかけないようお小遣いの範囲で行くのであれば問題は全くありません。

 

当サイトはあくまで「どうしてもやめたいけどやめることが出来ない」そんな人のために見て頂く為のサイトなので誤解のないようお願いいたします。  

 

実際にやめられた人の考えを学ぶ

依存は思考から来るもの。成功者の思考法を学ぶことは決して無駄ではないと思います。

自身の考え方や、関わった人(成功者)の思考法は当ホームページにて全て紹介させていただきます。

他にもパチンコ、スロットをやめることに成功した人が書籍を出しているようなので参考にしてみるのも勉強になるかもしれません。

あなたが先日失った一万円。これで一体何ができますか?

一万円を失うまでにかかった時間は一体どのくらいでしたでしょうか?


一日?数時間?一時間? 自身が経験した中で最速は30分ほどで一万円が消えてなくなったことがあります。

 

スロットでした。 この”一万円”という金額どのように考えますか? 「楽しめたカラ全然いいや!」「時間が潰せたし!」「友達と楽しめたしオールOK」 こんな考えをもしかしたら抱くかもしれません。

 

 

しかしそれは「本当に?」そうなのでしょうか。 この一万円という金額がもつ可能性は絶大です。

贅沢を言わなければ世の中のある程度のものが購入可能です。

 

 

食事に行くにしても、人が滅多に食べることが出来ないような高級レストランでの食事が可能です。 友達2人の食事であればおごってあげることも出来ます。

 

 

遊びにしても、車のガソリン代を含めても相当遠くに遊びに行くことができます。 そのこにはあなたの見たことのない景色、食べ物、出会い、街があります。 それほど絶大な可能性を、あなたが「まぁいいか」で失った”一万円”は持っているということを忘れてはいけません。

借金が膨らんでいく

自身も同じ経験があります。 それは一つに、「もう少しやれば出るかも」「取り返せるかも」という感情です。

 

そんな思いから踏み出してしまうのが、借金。 もちろん元々自分のお金ではないのですが、「これで一回当たればすぐに返せるから」という気持ちで一回手を出してしまうと… 返せなければ当然借金は残ります。

 

 

しかし、もしその時に大当たりし、返済ができたとしてもあなたの中には一つの経験として「借金をしてもすぐに返せる」という感情が残ってしまいます。 そうなると繰り返してしまう人がほとんどなのです。 借金に関する注意事項もまとめていきたいと思います。

この方法ではやめられない

パチンコ、スロットを辞めたいがために取ってしまいがちな行動で、決して辞めることに成功しない方法を紹介させていただきます。

 

これらの方法では依存は決して解消されません。

「パチンコを辞めたら楽しいことに時間を当てられる」と考えているうちはやめられない

パチンコ、スロットを辞めたいがために取ってしまいがちな行動で、決して辞めることに成功しない方法を紹介させていただきます。

 

 

これらの方法では依存は決して解消されません。

 

みなさんパチンコパチスロを辞める為に自分に言い聞かせませんでしたか?


「パチンコに行かなければ趣味に時間を当てられる」

「スロットに行かなければ家族と過ごす時間が増やせる」

「だからパチンコパチスロを辞めればもっと幸せな生活ができるんだ!!」

 

これらに似たような言葉を自分に言い聞かせることで心を安定させ、行かないようにする… しかしこれだけは断言できます。

 

この上記の方法ではほぼ100%辞められません!! 理由は簡単。

 

これらの先にあるのは”平穏”です。 確かに人間が求めたいものではありますが、残念ながら平穏だけでは人間飽きてしまいます。必ずや刺激を求めるようになるのです。

 

 

現に刺激を求めるからこそパチンコ店に行っているのだと思います。 そしていくら作られた刺激とは言えパチンコパチスロに勝る快楽衝動は残念ながらそうそうあるものではありません。

 

 

台や仕組みがそのように研究されているので当然です。 平穏や幸せを自分に言い聞かせることは一時的には効果があるかもしれませんが結局また行きたくなります。 これら幸せの内容は、辞めた後の結果付いてくるものです。

 

自分に言い聞かせることによって、パチンコパチスロを辞める手段にはならないのです。 ではどうすればいいか?

 

それは パチンコパチスロが嫌いになる。もしくは行くという行為に関して危機感を覚えるようになればいいのです。

そしてその方法をサイトでは御伝えさせていただいております。

 

「パチンコに行かなければ趣味に時間を当てられる」
「スロットに行かなければ家族と過ごす時間が増やせる」
「だからパチンコパチスロを辞めればもっと幸せな生活ができるんだ!!」

 

というのは辞めた後でいくらでも実感できます。

他にも

・パチンコ店に近寄らないようにする。 →これはタバコさえ買わなければ辞められるだろう。という方法に良く似ていますが この方法では襲ってくるワクワクには勝てません。

 

・財布の中にお金を入れないようにする。 →お金がなくなればATMに行くぐらいなのに 本当にその方法は有効ですか?

 

 

・趣味を見つける →趣味とはいわゆる楽しみです。  楽しい、と感じるうちはパチンコやスロットに勝るドキドキは他にはありません。

みなさんがパチンコパチスロに行きたいと思うタイミングは・・・・

やはり一番みなさんがパチンコパチスロに「行きたい」と思う瞬間は
『時間が空いた時』 なんですね。

 

仕事などでもの凄く忙ししている状況下で、「どうしても行きたい!」と感じる方はもちろんいらっしゃいますが、 やはり多いのは「ちょっと時間が空いた時」や「予定がない」 そんな時。

 

 

その時みなさんが考えるのが 「ワクワクしそう」 「楽しそう」 「時間が潰せそう」 などが非常に多いようです。

 

 

本気で『お金を稼ぎに行く』という方は「辞めたい」という感情にはなりにくいようですね。 そしてちょっとした気持ちでパチンコ店に足を運ぶ ちょっとした気持ちでお金をを少し使ってみる 数時間後 結果もの凄く後悔。の繰り返し。 エンドレス。という方が多いのではないでしょうか。

 

 

そして、辞めたいという気持ち持っている人が考えるのがこうです。

 

 

「あの時間もっと他のことに使えれば有意義に過ごせるはず」

「あのお金を他のことに使えればもっと楽しい時間が持てるはず」

 

こういうように理屈で自分なんとか納得させるようにするのです。 確かに間違いではありません。 実際やめることができれば、 長い目で見てもお金は減りにくいでしょうし、時間もパチンコパチスロに使わなくて済むのですから他のことに使えます。

 

しかし一点気をつけなければいけないこと。 それはいくら理屈で自分納得させようとしても絶対に辞めるとことはできないということです。

 

タバコ吸う人が理屈でやめることができない。 麻薬に溺れる人が法に反し人生を棒にふるのを分かっていたとしても辞めることができない。再犯してしまう。 のと同じように。 ではどうすればいいのか。 それままずスタート地点に立つことです。 あなたのスタート地点というのは 「自分が依存状態にある」というの認めることです。

 

まずはそれを認めない限り絶対にパチンコパチスロからの脱却はありえません。 そしてもし短期間的に成功したとしても必ずまた行くことになるでしょう。

 

それを防ぐためにはあなたの依存状態を解除する必要があります。 理屈、理論的に。 なにも知らないで禁パチンコパチスロ活動するよりも遥かに成功率高くなるでしょう。

 

感情のギリギリの天秤をかけるところで「行かない」という選択肢を選ぶ手伝いになるとおもいます。 もしよければご覧になってください。

私も以前は重度にハマっていました

私自身も同じように重度に依存状態になっていました。

 

アルバイトで働いたお金はほとんどがパチンコで消える 休みの日は お金がなくなるまで一日パチンコ、スロット。お金がなくなり帰りはするけど、お金がないので何もすることができない。

仕事が始まり、就職して環境が変われば辞められるかと思いきや 結局通う。 仕事後 少しでも時間が空けばお店に行ってしまう。 給料後はパチンコでお金が無くなってしまうので 結局欲しいものもおあずけ。

 

行きさえしなければ全然買えたのに。 大切な生活費を削ってでも行ってしまう。 次の給料日まで生活するお金がないのに… 同じような経験ありませんか?

 

このままでは本当にいつか死んでしまう…

生活を切り詰めてでも通ってしまうパチンコ スロット なんとか辞めなければいつか死んでしまう…でも辞められない… そして本気で辞める方法を探しました。

・紙に目標を掲げ常に見える位置に張る。

・他に興味のあることを無理やり探し 趣味を見つける。

・休みの日は家から出ないようにするためにビデオを借りてきてなんとか時間をつぶす ・友人と遊ぶ予定を入れる。 ・なんとか忘れようとする。

・収支表を付け どのぐらい負けているのかを調べる。等

 

経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが とにかくワラにもすがる思いでした。

 

 

しかしワクワクが襲ってくる

どんな方法で行かないように、そしてパチンコやスロットのことを忘れようとしても 数日で結局元通り。

大金を失ったことなどすっかりなかったかのように また通い始める。 そして後悔してまた繰り返し。

 

 ・目標を紙に書いても、結局出先になってしまえば紙は見えない。 それに見て見ぬふりをしながら行ってしまう。

・新しい趣味をなんとか見つけようとしても、パチンコやスロットに勝るワクワクなんてとてもじゃないが考えられない。 無理やり見つけた趣味はいつの間にかなかったことに。

・部屋でビデオを見ようとしても、ビデオを借りに行ったその足でお店に行ってしまう。

・友人と予定を入れても 結局一緒にパチンコスロットに行くことになる。

・どんなに忘れたくても時間が経つと行きたくなる。

・収支表を見れば行く気が失せるかな?と思ったけれど、もともと負けてるのはわかっていたし、意味がない。

パチンコはとてもハマりやすいようにできている

人とを依存させてしまう方法としては パチンコやスロットなどは恐ろしく理想的に作られているのです。 ここで人間が依存状態になる仕組みを紹介さていただきます。

 

人が依存してしまう原理

 

シンプルに説明させていただきますが、
成功率がやく50%くらい。の行動を繰り返すと人は簡単に依存してしまうそうなのです。 

そして合わせて 極度すぎない緊張状態からいきなり解放される。 ということが繰り返されても依存してしまうのです。

 

例えば 箱の中にA と B の札が があったとします。 Aは当たりで  Bは外れです。 これをただ選ぶだけならそこまでハマることはないかもしれませんが AかBか分かるまでに ちょっとした演出がある。 Aかもしれないし、、、Bかもしれない、、、でもやっぱりAかも、、、 そしてそこにさらにお金がかかってくる。

 

お金が絡んだ時点で 緊張の度合いはお金がかからない時よりも段違いです。 ドキドキします。

 

緊張状態が少しの時間続いた後に 「大当たり!!!」 一気に緊張から解放されます。 もちろん必ず大当たりであれば 繰り返すたびにドキドキなんてしなくなる。

 

でもB つまり外れるときもある。

ここでさらに緊張やドキドキが高まる。 失敗しても、また成功した時の快感を味わいたくなるから再度挑戦したくなる。 これで簡単に依存状態の出来上がりなのです。

 

パチンコ店では さらに ド派手な演出 大きく鳴り響く音楽 周りを見れば大当たりしてドル箱を積み上げている他のお客さん 大きな声で流れる大当たりのアナウンス。 むしろハマらない方が難しい ぐらいの作りなのです。

私はおススメするのは、脳の特性を利用した方法

私が推奨するのは 脳の行動原理を利用したなんだ、心理的な方法?  なんとなく信用ならないな…というあなた。 簡単な例を挙げます では梅干しを想像してみてください。    

 

すっぱいすっぱい大粒の梅干しです。

口の中  唾液。 出ていませんか? いま、実際にあなたの前に梅干しはありません。  当然口の中にもありません。

 

しかし、頭で考えたことだけのはずなのに 実際にあなたの体には変化が起きているのです。

 

ではもう一つ 夢の中で高いところから落ちた経験ありませんか? 内臓が浮くような、鳥肌の立つ、あたかも実際に落ちた様なな気持ちになりませんでしたか? でも実際のあなたはどうですか? とても安全な布団の上。 

 

 ただ横たわって寝ているだけ。でも気持ちや気分は確かに落ちる感覚がした。 まさにコレなのです。

 

イメージと言うのは体に直接影響を及ぼすのです。 そして私のおススメ内容は この脳の原理をフル活用します。

そして、あなたは 行きたくなくなるのです。 まぁ正確に言うと 「行かなくていいや」 

 

という感じに近いかもしれません。

 

世の中には様々なパチンコパチスロを辞める方法が存在しますが、その中でも無理やり気持ちを抑え込む方法ではないので比較的難易度は低いかもしれません。

 

とにかく他に興味を逸らさせ無理やり新しい趣味を見つけパチンコやスロットから視点をそらさせようとしますが 先ほども言ったように、パチンコやスロットのワクワクはそんな方法じゃ押さえられません。

それはあなた自身が一番よく知っているはずです。 ここがそもそも違うのです。

パチンコパチスロをやめられた時のことを想像してみてください

先にも書きましたが、これはあくまで副産物。これを理由にやめることは困難ですが、良いイメージを抱くのは決して悪いことではありません。

 

まず一番は安定した生活が手に入ります。

この事に関してはあくまで辞めた後の結果でしかありませんが、確実に今よりも安定します。

今までは勝ちが続いた時だけは豪遊できたでしょうが、負けが続けば当然生活に支障が出ていたと思います。

食費を削り、本来であれば余裕で買えたものも我慢し 使ってはいけないお金にまで手を付ける… パチンコ、スロットから卒業できれば、このような不安定な生活は無くなります。

 

そしてそれと同時に穏やかな気持ちになることができます。

 

今までは収支状況によって一喜一憂 気持ちの上下があったでしょう。 たしかにドキドキすることは楽しいです。

 

しかし過度の緊張は体に毒です。普段の何気ない楽しさにも気付けるでしょう。 そして、たくさんの時間をあなたは手に入れることができます。

 

今までは仕事の後の時間や 休日。場合によってはパチンコ屋で一日が潰れてしまった。なんていうこともあったでしょう。

 

しかし、パチンコ スロットから卒業でいることにより、今までそれだけのために使われていた時間が自由な時間として手に入ります。

 

人生において 時間というものはかけがえのないほど価値のあるものです。

 

その時間を 後悔のために使うのではなく、もっと有意義な時間の使い方をしませんか?

 

・家族サービス好きなところへ旅行

・趣味の時間

・ただのんびり過ごすのもいいでしょう。

 

これからあなたには今まで忘れていた とても素敵な時間が手に入るのです。

 

 

もう給料日に破産するのは最後にしましょう。

スポンサードリンク